ご祈願

授与品

目的から探す

住職挨拶

住職挨拶

Jusyoku

救世慈母大観音様修復ご支援のお願い

住職挨拶

住職挨拶

「お寺」という言葉から、どのようなものを想像されますか。「葬儀や法事を行うところ」・「お墓があるところ」というイメージを持つ方が多くおられると思います。
本来、お寺は仏様の教えに基づき、人間の生きる意味、また、生きる力を与えてくれるところでもあるのです。
そして、仏様の教えによって人々の心が安らぎ救われる、それが本来お寺の役割なのです。この仏様の教えというものは、常に私たちの心に栄養を与えてくれるものであり、お寺にお参りすることは心の健康を得るための手段でもあるのです。

よく、「お寺にお参りすると、気持ちが穏やかになり、すっきりとする」というお話を聞きます。これはお寺という、仏様を祀る場所が持つ“気”であり、“力”なのです。その“気”・“力”に触れる事で、それまであった心の澱がすっと離れて、仏様より新しい“気”・“力”を頂いているのかもしれません。その「穏やかな優しい気持ち」「自分の心を見つめなおす謙虚な気持ち」「今を生きる活力」は、本来私達人間が仏様より頂いている「命・心」の姿なのです。

成田山久留米分院は、「お寺」という非日常の空間をより一層、多くの皆様に体験・実感し「心の栄養」を頂かれる事、そして何よりも御本尊不動明王様より「ご利益」を頂き、日々の生活の疲れやストレスが取り除かれ、穏やかに過ごせますよう、是非、成田山久留米分院へ足をお運びください。
山内僧侶、職員一同、皆様のお参りを心よりお待ちいたしております。

合掌

通販サイト

通販サイト

PageTop