開運厄除祈願

開運厄除祈願

Kigan

成田山の開運厄除祈願

成田山の開運厄除祈願

季節に春夏秋冬があり、1日に昼夜があるように、人の生まれ年(生まれ星)により、その年の運勢が変わるといわれています。願主様の、開運と悪い星回りの厄を払うご祈願です。単に「運が良くなる」だけが開運ではありません。運が開けるとは、「運命の道の先が開けて見える」ことだと考えるとわかりやすいでしょう。そのためには「気づき」や「覚悟」、そして「行動」することが大切になります。お不動様より、その切っ掛けや後押し、そして勇気を戴くという意味も『開運厄除祈願』には含まれます。

星回り吉凶表

※本年誕生日の満年齢で見てください。

大吉 半吉 大凶 大凶 大吉 半吉 大吉 半吉 大凶
大吉 半吉 大凶 大凶 大吉 半吉 大吉 半吉 大凶
8 7 6 5 4 3 2 1 当歳
17 16 15 14 13 12 11 10 9
26 25 24 23 22 21 20 19 18
35 34 33 32 31 30 29 28 27
44 43 42 41 40 39 38 37 36
53 52 51 50 49 48 47 46 45
62 61 60 59 58 57 56 55 54
71 70 69 68 67 66 65 64 63
80 79 78 77 76 75 74 73 72
89 88 87 86 85 84 83 82 81
98 97 96 95 94 93 92 91 90

令和三年の厄年並びに吉凶

大凶 羅康生 大凶 六白 当歳・9・18・27・36・45・54・63・72・81・90
物事がうまく進まず大いに悪い。病気・争い事・盗難・事業・土木建築工事等に注意。
十一月の旅行避けるべし。信心あれば解決の道あり。
半吉 土曜星 半吉 七赤 1・10・19・28・37・46・55・64・73・82・91
病気・争い事により財を失う事あるが、徐々に開運する運勢。下半期比較的良い。
土木、建築工事は注意して実行すべし。
大吉 水曜星 大吉 八白 2・11・20・29・38・47・56・65・74・83・92
目上の者の引立てあり、喜び事多い実りの運勢。遠方の取引は大吉。
仏を想う心無ければ酒・異性関係に難あり。特に秋冬は注意すべし。
半吉 金曜星 末吉 九紫 3・12・21・30・39・48・57・66・75・84・93
多くの障害がある難しい年であるが、情熱と努力あれば、福は大いに来る。
七・八・九・十月は近親関係に注意してすすむべし。
大吉 日曜星 大吉 一白 4・13・22・31・40・49・58・67・76・85・94
想う事叶う幸運の年。五・六・七月は、新しい事業・投機は大いに良い。
異性関係と十一月・十二月の軽率な行いは慎むべし。
大凶 火曜星 大凶 二黒 5・14・23・3241・50・59・68・77・86・95
伸び悩みの年。新規の事業は注意。二・三・五・七・九・十一月は警戒すべし。
穏やかな気持ちと忍耐があれば無事に過ごせる。
大凶 計都星 大凶 三碧 6・15・24・3342・51・60・69・78・87・96
気迷いが多く、多くの事が意のままにならず凶の年。近親関係に苦労あり。
信心怠れば春秋に災いあり。三・六月は特に慎むべし。
半吉 月曜星 半吉 四緑 7・16・25・3443・52・61・70・79・88・97
凶から吉へと変わる転換の年。新事業良し、地位のある者の引立てがあり成功する。
但し、三・六・七月は信仰心なければ末の運勢となる。
大吉 木曜星 大吉 五黄 8・17・26・35・44・53・62・71・80・89・98
凶を転じて福となす大楽運。進んで起業し活動すべし。
但し、目上の者の意見あるときは素直に聞くべし。

男性の大厄…42才
厄の前.後が「前厄」「後厄」とよばれ、
3年間の厄年が続きます。

女性の大厄…33才
一年ずつ3度続けてお祓いされる事を
お勧め致しております。

※上記は今年なる年でご確認ください。(満年齢表記)
※数え年でされる方は上記の数字に【+1】された個所をご覧ください。
※赤字は人生で特に良くないとされる「大厄」とその「前厄」「後厄」。

開運厄除祈願のご案内

開運厄除祈願のご案内

願意

本来お願い事は、一番叶えて頂きたい、成就したいお願い事をお申込み頂くとよろしいですが、複数のお願いがある時は、1体の御札のお申込みにつき、3~4つにされて下さい。
例)願主 成田 太郎    願意 開運厄除 家内安全 健康成就

ご来山でのお申込み

ご縁日の場合

毎月1日・8日・15日・21日・28日の午前11時から大護摩を行なっております。
10時30分までにご来山・お申込み下さい。

ご祈願の場合

毎日、午前9時より午後4時30分までにご来山・お申込み下さい。

事前のご準備

【服装】 平服で結構ですが、半ズボン・裸足など、くだけ過ぎた身なりはお慎み下さい。
【携帯品】特別なものはありませんが、御神酒・餅などをお供えされる場合は名前を入れてお持ち下さい。

WEB上でのお申込み(ご祈願のみ)

サイト上で祈願をお申込み→当山よりご祈願の内容をメール又はTELにて返信→ご入金確認→受付→御札を作成→
ご祈願→願主様宅へ御札を発送。

> 祈願お申込みはこちらから

現金書留など、郵便でのお申込み(ご祈願のみ)

現金書留に、ご祈願料・送料、願主様のお名前、住所・連絡先、年齢、願意を記入したものをご一緒に同封して、
成田山久留米分院に送付ください。

祈願料(お札一体)

※成田山の厄年(前約・本厄・後厄)・祝還暦・祝喜寿祈願のご祈願の10,000円~となります。

5,000円10,000円15,000円
20,000円30,000円50,000円〜

お守り

お守り

ご祈願と一緒にお受けされる事をお勧めします。

ご祈願の願意(お願い事)

通販サイト

通販サイト

PageTop